2004年11月23日

FF1・変り種冒険記

長持ちするかどうか分からんけど
やってみようと思ふ。

ここではGBA番のFF1を
やってみよう。

FF2もまたしてみることがあるが
差し当たりは・・・。

実はこのゲーム、
戦士・盗賊・白魔・黒魔の標準と
戦士・モンク・白・黒では
すでに制覇済み。

このたびは
ちょっと変わったパーティを組んでみたかった。

モンク・赤・白・黒

色彩テストみたいだ(w

武器が全部無用になりそうだ(w

モンクのルフィ(某マンガのファンじゃないです(汗)
赤魔のエリック
白魔のサラディ
黒魔のアーク

差し当たりは
これでスタート。

FF1はクラスごとに魔法が4つあって
そのうち3つを覚えられることになっている。

クラス1はこうしてみた。

赤・・・プロテス・ファイア・スリプル
白・・・ケアル・ディア・ブリンク
黒・・・ファイア・スリプル・サンダー

ダブらせるほうが得策かどうか。

まだ装備をそろえていないので
カオス神殿に行く気はない。
揃ったら行くかな。

そろえればレベル2でも倒せるらしいけど。

けど胴が「ふく」じゃねぇ。
まぁもうしばらくお金漁ります。
posted by 星影里沙 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

久しぶりれびゅー

今のところ、
携帯ゲームは「お菓子なだんじょん」にはまってます。
いつも何気なく
ぴぴっときたやつ落とすけど
当たりだったかなぁ(w

ゲーム的には
ドラゴンクリスタルと似てる。
お菓子でできただんじょんに
迷い込んだセサミ姫。
彼女を操って地下30階まで行き、
スイートデビルと対決して
元の世界に戻るというものなんだが。

やっぱりこの系のRPGにお決まりの。
パンは拾い食い(w
勇者様お腹壊しますよ(w
しかも、パンの出る確率は絶対一定じゃないから。
スタミナが減ってくるとだんだんあせる。
無論ゼロになるとHP減少。
まぁこのゲームだと大抵そこまではならないんだが。

武器や防具の出る確率まで一定じゃないってのは
かなりイタイ。
何度かやってみたけど
武器をまったく拾えず
素手で10フロアくらい行ってしまったこともあったっけ。
結構殴り合いで苦戦したりする。

あと。
「トルネコの大冒険」のように
初めて拾うアイテムは武器防具以外未識別(・・; ) ( ;・・)オロオロ
使ってみないとわからんわけだけど、
いいアイテムばっかりじゃないもんね。

もし今「お菓子なだんじょん」やり始めましたとか
言う人がいたら
参考にはなると思う、識別するタイミング。

飲み物・・・部屋の中の敵をみんな倒して、
その後に飲むのがいいと思う。
どくどくドリンクを飲んでしまった後で
倒していない敵が残っていると辛い。
(HPは減らないけど、攻撃力が一定時間半減。)
飲んでしまったら、毒が消えるまで待ってから
次の部屋へ移動する。

杖・・・敵に向かって振るのがいい。
ただし、通路に出てきた敵に振っても
効果がないことがあるので
部屋にいる敵に向かって振ってみること。
ショックの杖やシオシオの杖、パンの杖などは
部屋全体に効果を及ぼす。

本・・・フロアを全部探索し終えてから、
階段で降りる直前に拾った本を全部識別。
ソコヌケの本&マボロシの邪本対策。
上の2冊が識別されてしまえば、
後はあまりどうってことはない。

腕輪・・・呪いの腕輪がコワイので
解呪の本を拾うまでははめずに取っておく。。。
呪いの腕輪をはめてしまうと、
せっかくいい武器を拾っても
装備変更できなくなるので要注意。

と、こんなところですかな・・・
ランダムなだけに結構難しいところもあるけど
かわいさもあってついついやってしまうわけです。。。
posted by 星影里沙 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月06日

またしてもけーたい。

月が変わったからアプリ2つダウンロード。
1つが「アフロ犬パネルロジック」
もう1つは「ぴちょんくんのくるん」。

パズル系ばっかりですな。
それどころか最近
ロアル伝記停滞中(自爆

・・・さっさとやります、ハイ。

さて、アフロ犬のロジックなんですが。
趣向は8×8マスの中から
規定された秒数以内で
規定された数の犬を探し出すというもの。
ミソはかならずしも
ヒントを見て絵を描くってわけでもないところだな。
各レベル開始前に
「イラストを完成させよう」となってるところは
まがりなりにも絵になっているが
「犬を探し出そう」と出ると
全然絵にならない。
お絵かきロジックを期待してると
この辺でがっくりくるかも。

レベルが上がれば上がるほど
少ない秒数で少ない数の犬を探さなきゃいけないわけだが
高レベルのスタートの規定タイムが170秒しかないのに
必ず残り100秒になったら
音楽が必ず早くなるのは
かなり勘弁してほしいかも。
スタートが260秒でも150秒でも
必ず100秒切ると焦らされる。
せめて50秒にしてほしいなと思うところ。

現在75レベルまでは制覇済み。
99までもう少しだがなあ・・・。

もう1つがぴちょんくんのくるん。
ぴちょんくんのふわぽんは
一時かなりはまったけどね。
くるんの方は・・・。
これは面白さはふわぽんほどではないけど
まぁまずまずいけるかな。。
色が違うぴちょんくんを入れ替えて
規定された回数以内で元の通りに戻していくわけだが。
まだかんたんモードしかやってないけど
3×3の問題は
まじめにつまらんです。。。
5×5以上でないと。

むずかしモードになると
色に付け加えて
ぴちょんくんに数字までついていて
それを揃えなきゃいけないらしい。

ひょっとすると
パズルの意味では
難しい方が面白いかもしれんな。

ただこのゲーム、
やるたびに問題が変わります。
何度か試してもOKかも。
posted by 星影里沙 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月23日

ロアル伝記・忘れられた村。

大地の神殿から飛んできたんだが。
ここはいったい何なんだろう。
地図にも載らない村。

というか、
この世界に地図などという概念があったのか(自爆

あちこち飛ばされるから
位置関係などないものだと思ってたぞ(強引

この忘れられた村、
実はおまけダンジョンがある。
村の右下に試練の回廊と言うのが存在するのだが。
以前プレイ時にはすっ飛ばした。
行かなくてもOKだが。

このたびは潜入してみた。
敵は大地の神殿とほぼ変わらないくらい。

ただ、キュアーポーションの補充が
村ではできないので
ちと慎重に動かないと怖いな。

大地の神殿よりはやや簡単な
ダンジョンをクリアしてみると、
最下層に大地の守護者なるものが待ち構えている。

ようするに、ゴーレムだろ(爆

身もふたもないか(w

なかなか攻撃力が強いので
ここも慎重にするが吉。
HPの残りには注意を。

しかし、ひとつ思ったが。

この回廊、これだけ散々さまよわせておいて、
やっぱり帰りは歩いて帰れというのかい(自滅
ちっとくらい親切にしてくれてもいいじゃないか・・・。

へとへとになりながら歩いて帰りました。
拾った宝はゼロ。
あーあ。むなしい(滅

さて、ここには聖域の魔方陣があったりする。
位置は大体村の北の方。
ここにのると次はどこへいくか。
それは・・・。
posted by 星影里沙 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月22日

ロアル伝記・ほうり出された!

魔法陣に飛び込んでみたらさ。

いきなり大地の神殿というダンジョン直通!
そんなのありかよー。

とりあえず店があるから
回復アイテム追加して
(武器はまだ買えない、涙)
先にいくしかないだろう・・・

ところがこれが
むちゃくちゃややこしい!
甘く見ると迷うぞ。

敵は今までと大差なし。
新顔はマローダー(強打を使う)
キャリオンイーター(強撃あり)かなあ。

で、さんざんさまよいあるいて。
行き着いた先には魔法陣。
しかし、その手前に怪しいやつが。

話しかけてみると・・・
なんと、
そいつの正体はメヌラー!
あのとき逃げ出したやつ!

こいつは派手に術を使いまくる。
ソーン・ケージだの
クラック(全体攻撃!)だの
がんがん出してくるので
回復に気をつけないと。

で、倒すと
「私を倒すなんてたいしたものですね。しかし私が滅びたとて崩壊は止められやしな
い・・・」

捨て台詞を残して
死んでいった。

なんか当初の
魔法陣を探る目的はどーしたという気もしないでもないが。

しかし今更帰れまい。

魔法陣に向かって歩こうとしたとき

「なんだ!地面が揺れてるぞ」

ナッシュの警告。
そしてルナティックローズとかいう敵が現れた。

花に口、葉っぱはへび。
この花ある意味キモイ(自爆
しかも攻撃しか能がないし。
ただ一人をずっと狙ってくるのが注意かな。
フィーアを狙われたら回復気をつけないとね。

そして、変な花を倒し、
後戻りのできない三人は
再び魔法陣の中へ・・・
posted by 星影里沙 at 01:23| Comment(1) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月20日

太鼓の達人!

見てしまったよ。
ホントの達人。

ドンだふるモードで
☆10の奴を98%叩けた率でクリアしてのけた人。

いやはや、
その腕裁きは見とれますがな。
こんな人のプレイはやっぱり見ごたえある。

まぁ今日はちびっ子どもが
たくさんプレイしに来ていて
しかもどんどん順番抜かししてくれるから
大分待たされたが。

やっと1回プレイしてきた。

難しいモードで
エレクトリカルパレード(☆3)を96%でクリアしたとき。
後ろに男の子が二人やってきた。
で、私の背中に向けてこういったわけ。

「こいつ、絶対へたくそだぜ!」

ほー、言うじゃないのよこのちびガキ。
これで下手だというか。
よし分かった。

青筋を立てつつもこらえて、
いつものようにウイリアム・テルを選択。
絶対9割切れはするまい。

そう思って叩き始めた。

まぁいったんレベルダウンをしてしまったものの、
結局達人譜面で終われたし。
93%で叩きぬけ。

後ろからはガキの感嘆の声。
「す、すげえ・・・」

みたか。
さっきの人のことを考えると
あんまり自慢げにいえる腕でもないが。
少なくともてめーらよりはやりこんでるぞ。
外見だけで見くびってはいけない。

ちょっとだけせいせいして
今日は帰宅の途につきました。
posted by 星影里沙 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月18日

たまには他のゲーム。

というか、
こないだ落としてみたドラゴンクリスタルなんだけど。

やりこんでみてわかった。

これをクリアするのは運だ。(自爆)

運が良くなければいくらがんばっても死ぬだけ。
下手すれば戦いを全部切り抜けられても
食糧不足で餓死。

そんなのやだーーー。

運を計るポイントなんだけど。
ひとつ。
フードリングがなければいざというとき死を招く(爆
食料ポイントが減っていって
HPが回復するという話なんだけどさ。
フードリングはこの食料ポイントの
減るスピードを遅くするらしい。
もち、見つけたら即装備。

ふたつ。
ワープ先で敵に多数囲まれた場合、退路確保。
何度も囲まれて死にました、ハイ(滅
一箇所部屋の出口を見つけられたら
あとはそこに自分の身をはめて、
1匹ずつ相手しなきゃ。

みっつ。
攻撃されてハイな気分にされてしまったとき、
多数の敵に囲まれる状況を作らないように気をつける。
ハイな気分にされてしまうと、
キー操作をまともに受け付けなくなります。
そんなときにたくさんの敵に囲まれてしまったら
集中的にぼこぼこにされ、終わります(滅
こんなときうまく通路に逃げ込めたら
操作があまりきかなくてもなんとかなるかな。

あと、剣をさびさせる敵を相手する前に
ダガーに持ち替えたりとか。
鎧を錆びさせる敵を相手する前に
ダメージ覚悟でクローススーツとか・・・。
あ、HPは満タンから(ぉぃ

あとアンチ系スクロールとったら
武器を全部作り変えた方がいいです。
変えたい武器を装備してからアンチ系の巻物使うと
武器が変化するから。
ただしその武器が必要なのは2フロアくらいだけど(滅

というわけで、
聖杯をとったら
エンディングもくそもなく、
あっけなく終わってしまった。

なーんだ。

虚脱感(自爆

まぁねぇ。
ひとつ、声を大きくして突っ込みたいことがあるんだけど。

ただの物体にかっこいい名前つけるなよ(爆

ただの水の癖にウォーターポーションとか
ただの木の癖にウッドロッドとか
ただの紙切れの癖にブランクスクロールとか。

だまされて使ってみて
だまされたと思った人、
私以外に何人か・・・・たぶんいるよな(ぉ
posted by 星影里沙 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月15日

夜のつれづれ。

携帯アプリゲームを二つ
ダウンロードした。
一つがドラゴンクリスタル(RPG)210円、
もう一つはぷよぷよフィーバー(パズル)315円

ドラゴンクリスタルは今攻略中だけど、
入るたびごとに変わるダンジョンの中で
聖杯を探し出すというもの。
途中でアイテムを拾い、
食料を拾い、
武器や防具を装備して強くなっていく。

しかし相手も一筋縄じゃない。
遠距離射撃かます奴もいるし。
武器をさびさせてくる奴もいる。
せっかくロングソードとっても
さびてしまうとダガーになってしまうので
かなり泣くに泣けない(苦笑

あと、ハイな気分にさせられると
こっちの操作を受け付けなくなるからかなり厄介。
その間に大ダメージ食らうことになるからなぁ。

その辺の対処法も見なきゃ駄目かもしれない。

もう一つ、
ぷよぷよフィーバー。

これが、実はフィーバーモードしかプレイできない。

あの、全消しのタネがどっと降ってきて
うまく組み合わせて全部消せたらOK!というやつ。
ストーリーも
とことんすらできないなんて。

これで315円は高すぎる。

損した気分になった。
posted by 星影里沙 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロアル伝記・カシールの地下神殿

やっとカシールの町にたどり着いたロアル。
ここでナッシュやフィーアと感動の再会(ぉ

「遅いぞ、もう来ないかと思ったぜ」

おいおい(汗

まあ詳しい事情は四捨五入(意味不明
ここでガルシアさんとはお別れである。
合流してみたのはいいけど。

それで、魔法陣の秘密は?

当てもわからないまま
町の人の話を聞いて回る。
昔この町には大きな神殿があったが
ある時突然それは地中に沈んでしまったらしい。

そして、町の一番北、
家の裏に回ってみると、
怪しい黒ずくめの男発見。

まさか戦いに?!

と思ったが、違った。「宿屋の側の男に話しかけるといい。世界の秘密がわかるぞ・
・・」

なんか思いっきり怪しい!
何が世界の秘密だよっ。

で、とりあえず行ってみると、
男にこんなことを言われる。

「あんたも入信かい?この先の壷が入り口だよ」

入信?
何かの宗教か?

まあよくある話だが。
悪だくみしてるならつぶすまでだし。

余談になるが、
現在1127N、
武器が高すぎて買い換えられない!
しかたないので回復系を買い込む。

神殿の中はとにかく広い!
階段多いし、
本気の迷路である。
敵は前の洞窟とあまり変わらない。

で、やっとたどり着いてみると、
黒ずくめの男たちが待っていた。
「くっくっく、新しい信者かと思えば、あなたはこの前の」
「お、おまえは?!」
「私はメヌラー。この世に滅びをまく者」
「それが亡者の封印を解くことなら、やらせはしないぞ!」

待って待って。
話展開早すぎ!
一瞬絶対混乱するよ。
要するに、あの前の「北の洞窟」にいたのが
このメヌラーだったわけね。
新興宗教(爆)てのがこの世を滅ぼすための教え、
その一環として、こいつが亡者の封印解放をしてたのか。

状況整理終了(自爆

ところが、メヌラー本人には逃げられてしまい、
メヌラー・ガードという
名前そのまんまの騎士に襲われるはめに。
こいつら、強打に旋風斬を繰り出してくる。
ダメージチェックはしてないとだめだな。

で、倒すと前に魔法陣がある。
入るんだろうなあ、やっぱり(爆

入った先は、どこへ続くやら。
posted by 星影里沙 at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月12日

ロアル伝記・ひとりぼっち

ああ、
やさぐれるだけやさぐれたら
もう遊ぶしかないだろう(爆

というわけで、
森の呪いが解けたとたん、
みんな意識を失ってしまい、
ロアルは一人だけ西の外れにほうり出されてしまった。
そこへ、ガルシアという戦士が現れ、
ロアルがカシールの町にいくのに、一緒に行ってくれることになる。

よかったねー。

とはいえこの二人、
持っている武器が全く一緒なんだよな。
バランス面考えると割りとまずい。

しかし、
森のすぐ近くにあるトライムの村では、
これまた武器が高いんだよ(泣

今現在451N
2000Nの斬岩の大剣なんか買えない。

この村の北側には洞窟がある。
そのさらに北には地下道もある。
村の北の洞窟は、村長になるための試練の洞窟らしい。
くれぐれも近づかないように言われてしまった。

しかし、地下道に行ってみると、
一人の男が道をふさいでいる。

「通してほしくば、北の洞窟の試練の石を持ってくるんだな」

はあ?
何ずるいこと考えてるの、こいつ?

もしかして、
楽して石を手にいれて、
村を乗っ取ろうという腹か?

ともあれ、
通してもらわないと先には進めない。
仲間に会うために

ごめんなさい、村長さん!

この洞窟はフロアはひとつだけ。
特に要注意は不吉な灯火だろうな。
素早い上にファイア・ボルトだのファイア・ストームだのやられちゃね。
ガルシアはともかくロアルがピンチになってしまう。

奥までたどり着くと、
黒ローブを着た怪しげ男がひとり。
「ちっ、まだ封印が解け切っていないのに、邪魔か!」
封印?
なんのこと?

問い返す間もなく、
ぞろぞろとアンデットたちに襲われてしまう二人。
まあ不吉な灯火に気をつければ後は楽勝でしょ。

二回撃退すると、その男は何も説明しないまま消えて行ってしまう。
後に残った試練の石を拾って。

また歩かなきゃいけないのかよー。

村に戻ってとりあえず一休みしてから、
地下道に向かってみると、
例のずるい男は影も形もなく。
あっけなく入れた。

で、地下道内は北の洞窟と敵はほぼ同じ。

階段を上るとカシールの町。
やっとたどり着く。

話に出てから、
長かったぞ・・・
posted by 星影里沙 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月09日

太鼓の新機種!

そう、
遊びにいってみると、
太鼓の達人6が出ていて驚いた。

システム自体は
前と同じ。
コースで選べるのと
曲で難易度選択できるのと。

曲の方は
結構種類変わっていた。
驚いたのが「日本ブレイク工業社歌」!
まじで?!
あれが叩けるの?!

早速叩いてみたのは
いうまでもない。
難しいコースだと★5。
初見の撃破は無理かと思ったので
普通(★5)にしてプレイ。

ラムのラブソングみたいに
スピードにものをいわせる譜面だな。
叩けた率85%で初見撃破成功。

しかしこの歌
何度聞いてもうけるよー。

やっぱり他と同じでは
駄目だということやね←話完全脱線
posted by 星影里沙 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロアル伝記ばっかり(自滅

やる気なく
ゲーム病入ってるな、
完全に(汗

さて、
ロアルたち三人がやってきたこの森、
夢幻の森っていうわけね。
で、方位の水晶球は、
この迷路の森を
確実に抜けるための道具だったというオチか。

でも、あれだけの情報じゃ
わかりにくいと思うよ。
いや、まじでそう思う。

で、この森の入り口にはよろず屋さんがいて。
なんと!
SPを回復させる道具を売っている(笑
とーぜん、買い込んだ。
おまけに、深碧色の指輪(アース・レジスト、ストーン・ブラスト)だの、
鋼鉄の戦斧(旋風斬)だの、
この時期にしておいしい道具ありすぎ。
もちろん、買いました。

んで、現在すっからかんです(自爆

この森は、
分岐に来る度に、
水晶球が行くべき方位を指し示してくれる。
指示に従ってりゃ間違いはない。

ただまあ、
宝箱を成り行きで
みんな見逃してしまったが(泣

ここでは、
安心して技を使いまくれるので
あまり大ダメージは受けずにすみそうだ。

行くところまで行くと、
木の下に怪しい影。
話しかけようとすると、
無言で襲われた。
しかもフェアりーに(爆

フェアリーに、
ソーン・ケージで大ダメージくらってしまったけど、
それでも一ターンで終了。気絶せずにすんだし。

で、
戦闘後、木に近づいてみると、
なんと、森にかけられた呪いはとけ・・・

三人はどうなってしまうんだあ(爆
posted by 星影里沙 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月08日

ロアル伝記・方位の水晶球

さて、港町バジールについた。
これで魔法陣の謎まであと一歩^^

とか思っていたら。
ついてみるなり町の住人に言われる。

「船も出せない港に何か用かい?」

甘かった。
つーか、ありがちだろ。

これでは先には進めない。
が、
またここでも
町の人の話がはっきりしない。

「東の森に、凄い宝があるんだよ」
「東の森に行った人は、誰一人として戻ってこないのよ」
「東の森には、どんな場所でも迷わず行けるものがあるそうじゃ」

だから。
荒れた海を迷わず渡るのに
その宝があればと
なんではっきり言わないのさー。

煮え切らなさ過ぎて
納得がいかん。

ぼやきつつも
東の洞窟に突入。
ちなみに今回は、
武器防具の買い換えはなしである。
ここはカシアの村と
品揃えが全く一緒。

ちなみにザコでちょっと注意がいるのが
グランド・タートルかな。
まれに放つ「激流のブレス」は
20ポイント弱の全体攻撃。
これはちときつい。
イビル・バットも
猛毒は怖くもないが、
時折通常攻撃で30ポイントくらい与えてくることがある。

それを思えば、
ここのボス・山賊3人なぞ
楽勝だったな。
技を使いひとひねり。

まあここまで通常攻撃のみできたんだけどさ。
SP回復する道具をまだ入手できないから。

しかし。

ボス戦すんだ後、
歩いて帰らなきゃいけないのか?(泣
湖の洞窟みたく、
一発で地上に出る通路はないのか(泣

それはかなり辛いだろ。

おまけに、町に戻っても
船が出ないって、どゆこと?

何か忘れたのかと首をひねってみる。
そしたら・・・

町の左上片隅に怪しげな地下道がある。

なんだろう。
なんだろうってば。

早速入ってみた。

けど。
行く先にあったのは、
ヒールドロップと希望のかけらだけ。

むむむ。

ひょっとしたらまだ
入るべきダンジョンがあるのかな。

あれも森じゃなくて
洞窟だったし。

いささか自信がないまま、
町の外へもう一度出た。

下までシラミつぶしに探索すると、
岩山の見づらい位置に
抜け道があって、
森への入り口がやっとわかった。

ここで初めての、
1章まるまるダンジョンという
大変なところに突入する。
posted by 星影里沙 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月07日

ロアル伝記・はめられた(苦笑

カシアの村を夜な夜な歩く女の影。
ただ村人から得た情報はそれだけ。

こっちとしては
早く先に進みたい。
無視できるならしてしまえと
先に関所を目指してみたが
通せんぼにあってしまった。

「通行証がなければ通さん!」

通行証だあ?

きーてない!
そんなの一言も。
しかしこれではどうしようもない。
あきらめて回れ右。

右手にある洞窟の中に
潜入するはめになった。

途中で金ぴかの剣と豪華な指輪みつけ。
思わぬ副収入という奴である。

で、
さんざんカシアの村人を
気味悪がらせていた湖の魔物というやつは。
レベル6の彼らが技(ロアル→強打、ナッシュ→強打、フィーア→ソーン・ケージ)

一回ずつ出すだけで
さくっと退治できてしまった。

あっけねーの。

で、カシアの村に戻ったら。
町への出方を説明してくれたじーさまが
なんの前振りもなく
大喜びで通行証をだしてくれたわけで

なんか卑怯だな。

なら初めから
退治してくれたら通行証を譲るって言えよ(爆

まあ防具グレードアップできたし。
いっか・・・

かくして通行証を手にした3人は、
勇躍、関所をくぐっていくのでした。
posted by 星影里沙 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月05日

ロアル伝記・カシアの村

まずたどり着いたら
たくさんのつぼに驚かされる。
湖の横に住む老人に教えてもらったからって。

これ見よがしに作るなよ。

何の役にも立ってないじゃないか。

ところが、
このつぼの群れから
豪華な指輪を発見。
売れば1000Nになって。

わーい、とりあえず武器はみんな買い換えられた^^

あとは防具だ。←切実

続きを読む
posted by 星影里沙 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月04日

ロアル伝記・2章の顛末

はい、再度突入試みましたよ。
メティスの村の南東の洞窟に。
奥まで一階を突き進んでみると
またあの猿が登場。
今度はレベルも少し上がっているので
さくっとお片付け。

しかし、
問題は「なぜこの魔物たちがこんなところに現れたのか」という
そこでロアルくんは悩むのである。

と、三人の目の前に
怪しげな魔法陣が。
フィーアいわく「転送の魔法陣」で
これを使える人がカティス(だっけ?)の町にいるらしい。

そして
「行ってみるしかないのか・・・」の一言で
三人は魔法陣に突入してしまう。

素朴な疑問。

向こう見ずな彼らでも
躊躇することはあるのだろうか(爆)

で、このまま町につくと思っていたら
がっかりさせられる。

三人がほうり出されたのは
カシアという村の前。

しかも、ここも重要なポイントだが

一度魔法陣に飛び込んでしまうと
前のエリアには帰れない!

なるほど・・・
地図がいらないわけだ。

やれやれ、
この村では何をさせられるやら(爆
posted by 星影里沙 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロアル伝記・2章「魔物を追って」

村の外に出ると
いきなりナッシュにたずねられる。

「どうする、ロアル?とりあえず別の洞窟でも探すか?」
「ああ、川の向こう側まで探してみよう」

うわあ、行き当たりばったりだ

しかもこのゲームには
世界地図などというのは存在しない。

適当に行くと、あったんだな、洞窟。
このゲームのコワイところだ。

中に入ると死人だらけ。
ゾンビにスケルトン、こうもりって
思いっきり王道ですがな。

レベル3では3人でかっちり2ターン回らないと
倒せない。
ちなみに、特技を使わなければですがね・・・。
あとナッシュの弱いこと!
なんでフィーアより食らうダメージが大きいんだ。

普通逆だろ?!

とりあえずこのままではクリア難しいので
もう一度村に戻ってみるか。
ちなみに薬草買い込みで出発当初12Nしか持ってなかった。
それがこれだけ戦って117Nか。

きついぞ。

ここで足踏みしかける慎重派でありました・・・。

洞窟再度突入できるようでしたら
また報告に向かいますです。

レベルよりもお金がほしいところだ。
防具買わないとナッシュが・・・(Σ(; ̄□ ̄A アセアセ

posted by 星影里沙 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロアル伝記・・・メティスの村から。

さてさて。
昨日できなかった分今日するかな。
村の中でセーブとった訳だけどさ。
この中にいる兵士がさ・・・。

「魔物を倒したそうだな。しかし魔物は2匹いたということだ・・・。」
だと。

それはあからさまにロアルたちの退治に行けってことか?

しかもロアル、二つ返事で引き受けてるし・・・。
よっぽどまっすぐに育てられたんでしょうねぇ。

しかし。
目下の問題として

金がない。

村の癖に。
最初に訪れた村の癖に。
いきなり400N(ニート)もするような武器売りつけるなよ〜〜。
最初はやっぱり30〜50くらい、
高価なもので200とか、でしょ。

高すぎる。

しかもこのシステムの困ったところは。
魔法という概念がないんだな。
フィーアちゃんも魔法が使える、というわけではない。
彼女は魔法使いではなく発動者、なのだなー。
物にこめられた力を引き出すということで。
武器を買い換えないと
みんな魔法や技を覚えていかない。
そして武器を買い換えると
前まで使っていた技は使えなくなる。

不便である。

ちまちまSPを節約したい人間としては
とんでもなく不便である。
また、武器を買い換えた後で、
前の武器と属性の相性のいい敵とか出てこられた日にゃ。

泣くぞ。

最大の泣き所は。
特技が戦闘中にしか使えないということだろう。
いくらフィーアちゃんがライトヒールを使えたからといっても。
移動中は使えないのだ。
移動中はヒールドロップのみが頼り。

力の限り買い込めと?

・・・買い込むか。
ヒールドロップ。
あと、毒消しや気付け薬は、長期戦でいくつもりなら必要になるだろうが、
短期決戦で片付けてしまう気なら取り立てて必要はないかと。
なぜかというと、
戦闘中に毒化されても、
戦闘終了すると自然に毒は消滅しているからだ。
それだったら毒消し使うよりも
ヒールドロップでHP回復した方がいい気がしたわけで。
復活薬はまぁ・・・持っておいたほうがいいけど。
気絶すると経験値もらえないし。

武器を買うよりもみんなヒールドロップと
銀の指輪に買い換えてしまった。
銀の指輪はナッシュに・・・とりあえずプレゼント。
銀の指輪にはライトヒール・キュアー・ポイズンが込められている。
ナッシュはすばやさが高いから
回復知ってると有利かなぁ。

装備らしい装備もそろわぬまま(泣
とりあえず村を出ようとする。
ここまでで1章終了。
2章へ突入。

・・・文章変えるかな。
posted by 星影里沙 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月02日

訂正

おお、一応みんな武器を身につけていたじゃないか(汗
嘘は言っちゃいけませんね。
すみませんでした。
posted by 星影里沙 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロアル伝記再スタート

さて、
再度ロアル伝記を起動しなおしてみた。
このゲーム、
簡単に説明すると携帯ゲーム100kアプリである。
ボーダフォンのV601Nをお持ちの方は
ウェブのNECホームページへアクセスされたし。

通信を必要とするRPGなわけだが。
主人公はロアルと言う少年。
舞台は緑の大地・シルワというところから始まる。

で、ゲームを始めると、
彼が森の中から出てきて
洞窟へ向かおうとするのだが。
「こんな(モンスターを退治する)時のために剣を学んだんだ。大丈夫、やれるさ」

・・・っておい。
一人で正義感にあふれてここまできたわけか(汗
なんというか。
純粋・・・

そこへ友人のナッシュが追いついてきて。
「嫌といってもついていくからな」
などと言って仲間になってしまう。
うーむ・・・

気を取り直して、次へ。

少し歩くと洞窟がある。
引き返すのは不可。
最初から洞窟にというのも
初めてさんには辛い作りだと思ったが。
まあここしかない。
洞窟突入。

入ると階段が消滅して帰れない。
おまけに女の子が魔物に襲われている。
戦闘してさっそくナッシュがやられました(爆
まあこのゲームのありがたいところは
「死」ではなくて「気絶」扱いしてくれるところかも。
だから全員がやられたのでなければ
戦闘終了後にはHP1で復活する。
けどなあ。
薬草もない状態で、これは辛い。

そして、女の子(フィーア)を加えて先に進むことになる。

突っ込みをいれたくて仕方がないのだが
ナッシュが最初
「お前の剣と俺の槍が揃えば」なんて言っていたけど
実は二人とも武器を持っていない(爆
無謀だろう。
素手で魔物倒しなんて!

戦闘自体はバランスが良いから
見ていると面白い。

そうこうしているうちに
素手のままボスらしき猿に遭遇。
フィーアが回復術をしっているおかげで
ぼちぼちしのげそうだが。
それにしても無謀だし
出現が突然なのでどっきりさせられる。

なんとか倒したが、
帰り道はみんなふさがれているのに
どうするつもりかなと思ったら。

前に道がある。
そこに入ってみると。
なんと、村の近くに出ちゃったじゃないか。

どんな構造の洞窟だ。
聞いたことがない。

まあいいか。
かくして村へたどり着き
やっと一休みできたわけでした。

続きは明日にしよう。

こんな感じではどうでしょう。
ご意見はコメントに記入お願いします。
posted by 星影里沙 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする