2008年01月10日

手荒でゴメン(爆)テロ法案、とりあえず泣・・・わかめのいうことなぞ聞けるかぁw

あ〜ちょっと時間がないぃぃぃ^^;

とりあえず一つこれっ。

<新テロ法案>11日に再可決で成立 民主が参院否決に転換 (毎日新聞)

 民主党は9日、新テロ法案について、 10日の参院外交防衛委、11日の参院本会議で否決することを決めた。同党は採決を見送り継続審議とする方針だったが、 共産、 社民両党などの反発で転換した。与党は参院での否決を受け11日の衆院本会議で3分の2の多数で再可決する方針で、 同法が同日中に成立することが決まった。

やっぱ決定ですか

決定ですかぁ(ーー;)

なんかねぇ。
廃案できなかったのも
残念だわ。

でもまだ方法ないわけじゃないんでしょ(ーー;)

ね?

油ただでアメリカになんぞ
渡すんじゃないのよ(爆

可能なら
それ国内に回したら
いったいどれだけ値下がりするか(爆

まだまだ140円台のガソリンを見て
なんかがっくりくるよね(ーー;)

****************
党首討論は
ニュースだけとっといて
コメントとくにしないっ。

<党首討論>首相、年金公約違反は「世間がどう認めるかだ」   [ 01月09日 22時03分 ]
毎日新聞社  
 福田康夫首相と民主党の小沢一郎代表による初の党首討論が9日行われた。年金記録漏れ問題で小沢氏は「記録照合を3月末までに完了」 とした自民党の参院選公約が破綻(はたん)した問題を取り上げ「(首相が)おわびしただけでは解決しない」と追及。首相は 「過去のことを考えて国民におわびするしかない」と改めて陳謝したが、公約違反問題については「(違反かどうかは) 世間がどういうふうに認めるかということ。言い訳がましいことを申し上げることはない」と述べるにとどめた。

 昨年秋に浮上した「大連立」構想について、首相も小沢氏もひとことも触れなかった。記録漏れ問題で小沢氏は、 すべての公的年金受給者と加入者に加入記録を記したはがきを送付し、点検を求めるよう主張。首相は、加入記録を通知する 「ねんきん特別便」を4〜10月に全加入者、受給者に通知する考えを示し、「(小沢)代表の言う方向で着々と進んでいる」 と理解を求めた。

 小沢氏は記録が残っていない人の救済策として「行政のずさんなやり方で起きたことだから、 国民の申し出を原則受けるしか解決方法はない」と指摘。首相は、総務省に設けた年金記録確認第三者委員会で対応する考えを示した。

 新テロ対策特別措置法案では、小沢氏が「自衛隊の海外派遣には原則が必要」との持論を展開し、 自衛隊の海外派遣に関する政府の憲法解釈をただした。

 首相は、海上自衛隊によるインド洋での給油活動について「武力行使に当たらない国際平和協力活動。 憲法という問題を持ち出すまでの話ではない」と主張した。民主党の対案については「大変意欲的だ」と評価するなど、 協調ムードの演出に努めた。

 党首討論は昨年5月、
安倍晋三首相(当時) と小沢氏が行って以来、約7カ月ぶり。参院で与野党勢力が逆転した「ねじれ国会」で初めてだったが、一時は自民、民主両党の 「大連立」を模索した2人の論戦とあって、対決ムードには乏しかった。

こーんな「わかめ」のいうこと
きいてたら
こっちまでぐにゃぐにゃしそうだし。

小沢サン、
わかめで首絞めてる場合じゃないよっ^^;

こんなやつにはめられるなぁぁw

***********************

青空文庫のビデオについて。

そーか、SOBAさんとこみたいに
タグ貼っといたらいいのかっ(爆

<embed src="http://www.veoh.com/videodetails.swf?permalinkId=v213693PSM4bpBY&isVlog=true&id=1&player=videodetails" width="425" height="340" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer"></embed>

私がいつも貼ってる奴の
一回り小さい分のはず。

もしこれより小さいサイズがほしいかたは
こちらのタグにするか、
width="425" height="340"の部分の数字を
もっと小さくしてみてください。

では署名案内再び!

 えーと、何はとりあえず
http://www.aozora.gr.jp/shomei/に目を通してくださいまし。

著作権保護を引き伸ばす欠点について
分かりやすく書かれてありますわ。

そんでもって、
理解いただけた方は
コレをダウンロードしてくださいな。

http://www.aozora.gr.jp/shomei/shomei.pdf

☆彡要Adobe Reader

でーこれプリントアウトしてくださいな。

コレ1枚に5人署名できるようになっているので
一人でも、また5人集めても良いので
書き込みましたら
こちらに送ってください。

連絡先及び署名送付先

青空文庫
〒160-0008
東京都新宿区三栄町8番37号
http://www.aozora.gr.jp/
aozora_shomei@yahoogroups.jp

お願いしまーす<(_ _)>

封筒用紙もありまして
こちらになります。

http://www.aozora.gr.jp/shomei/atesaki.pdf

これもPDFですです。

では、ミナサマ、
ご協力をお願いいたしますデス<(_ _)>

posted by 星影里沙 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

中選挙区比例代表併用制の具体例
Excerpt: すでに提案している「中選挙区比例代表併用制」を具体例で説明した文章を元記事に追加しました。なかなか分かりにくい制度のようなので、理解の一助になればと思います。 中選挙区比例代表併用制を提案する ht..
Weblog: 平和への結集第2ブログ
Tracked: 2008-01-11 09:18