2007年11月12日

国会あっちこっち、言葉で遊んだり、ごっちゃごちゃ><

なーんかいろんな
思惑が飛び交っているなぁ。。。

<国会>第2幕、 新テロ法案は筋書き見えず 自民に強硬論  [ 11月11日 02時35分 ]

毎日新聞社  
 ■空気一変

 2週間前、給油流用問題や
守屋武昌前防衛事務次官の接待問題などが政府を直撃し、与党内には「新テロ法案が参院を通過する可能性はゼロ。 国会は延長せず当初の会期で閉じる」(参院自民党幹部)という、早期閉幕論まであった。

 ところが2度の党首会談で空気が一変。「3分の2(で衆院で再議決する)というルールを使って、当然成立させなければならない」 (
菅義偉・自民選対副委員長)と、 再議決を求める強硬論が高まっている。

 
小沢一郎民主党代表の辞意表明・ 撤回という同党の迷走に乗じた要素も強い。また小沢氏が会見で 「党首会談で連立政権ができれば新テロ法案にこだわらないことで合意した」と発言した影響も大きい。首相は否定したが、 今後の態度でそれが事実でないことを証明しなければならない。

 一方、
鳩山由紀夫民主党幹事長は10日の会見で「問責決議は安売りすべきではない」と語った。これをとらえ、 与党内には問責決議案は簡単には出てこないとの強気の読みも出ている。

 一方で再議決に対する慎重論も残っている。「民主党は混乱している。問責決議案は簡単に出さないというが、 確信を持てないと再議決は簡単にはできない」。8日午前、
伊吹文明・ 自民党幹事長は公明党幹部に電話で伝えた。

 ■協調は困難?

 参院で首相問責決議案が可決された場合、院として首相を認めないという立場を表明したことになる。 民主党として最低でも首相出席の国会審議は認められず、審議は完全に停滞。政府提案であれば、 生活関連の重要法案も可決できなくなる可能性が高い。

 そのため参院幹部は問責決議案の扱いには慎重だ。
輿石東参院議員会長は10日の小沢一郎代表らとの会談で、 問責決議案提出について「出せばいいというものではない」と語った。

 輿石氏は自民党の
青木幹雄前参院議員会長と太いパイプを持ち、与党との協調路線派。 昨年の臨時国会で衆院側の国対幹部が求める首相問責決議案提出をはねつけた実績もある。 今回の局面でも自民党が期待するのは輿石氏の協調路線だ。

 だが今夏の参院選で新人が大量に当選したことで、皮肉にも輿石氏の統制力もそれほど効かなくなっている。参院中堅幹部の一人は 「1年生議員はこれまでの参院の慣例をほとんど理解していない。解散も関係なく、問責決議案を出すものだと素直に思っている」 と懸念する。

 自民党幹部は「輿石さんとも話しているが、輿石さんも(民主党の)チルドレンを抑えられない。 問責決議案を出させないよう慎重に対応しないといけない」と語った。

 ■見えぬシナリオ

 民主党が与党の再議決に対して、問責決議案を出さなければ、「解散が怖いのか」と批判を浴びかねない。 それでは批判回避の妙案はあるのか。

 小沢氏は新テロ法案を「憲法違反」と言い切り、「考え方の基本的な違いなので、足して2で割る手法は通じない」 として修正合意も否定した。

 このため一部で浮上しているのが政府・与党が民主党の主張をある程度取り入れた修正をすることで、同党は参院で否決するが、 再議決は黙認するという綱渡り戦術だ。

 民主党の
長島昭久衆院議員は7日の衆院テロ特委で「党の中には補給活動を継続すべきだと考えている人がいるが、 新法が国会承認の事項を含まないままなら反対する。ぜひ新法に国会承認の事項を入れるよう修正してほしい」と質問した。

 党首会談で話題となった自衛隊の海外派遣の原則を定める恒久法案も、選択肢として残ってはいる。 小沢氏の原理原則を盛り込んだ恒久法の与野党協議を始めれば、問責決議案を提出しない理由になるという理屈だ。

 しかし連立政権論議につながりかねず、党内が大混乱する可能性もある。

 与野党とも相手の出方をみながらの対応を迫られ、今後のシナリオが書けないというのが現状だ。

正直さ、
頭の中で
図形があっちこっちむいて
くらくら。

通すために
必死なのか
あの法案。

確かに一つも
法案通ってないけれどもさ。

ラジオで聞いてたら
丁度「大連立」について
話してて。

このままだと法案が通らないから
大連立してしまって
法案を通そうということだけど
野党があってこそのチェック機能
今1番最大の野党が民主党
それが自民党と手を組んでどーすんの

・・・ってなことを
話してたよ。

これだね、ほんとに。



ヘリクツだと
それはあたしゃも思うこと。

えーと
ちょっとだけ私信。

SOBAさん、
同様主張するバナーで
もう少し幅の狭いやつ
できないでしょうか・・・??(^▽^;)
縦はこのままでもいいので。

バナー内容に賛成だけど
すこーし置きづらいデス、ハイ・・・(^▽^;)

問責で解散も、伊吹氏けん制 鳩山氏「受けて立つ」   [ 11月11日 14時37分 ]
  共同通信  

 自民党伊吹幹事長は11日、 新テロ対策特別措置法案をめぐり、参院で福田首相の問責決議が可決の場合や法案が採決されない場合は、首相が解散・ 総選挙に踏み切る可能性があると強調し民主党をけん制した。これに対し鳩山氏は「受けて立つ」と言明。伊吹氏は、 対テロ新法案が否決された場合の衆院での再議決について「予算関連法案の審議ができなくなる。重大な決意をすることも選択肢の一つ」 と指摘した。
やれるなら
やーれーばぁ?ww

伊吹サン、
本末転倒だろー。

予算関連法案やってから
じっくりすりゃーいいじゃん。

昨日も言ったような
あんな国の手伝いするなんて
国益に反しすぎだよぉ。

早期の衆院解散否定 町村官房長官「考える暇ない」   [ 11月11日 16時53分 ]
  共同通信  

 町村官房長官は11日午後、札幌で講演し、 今後の国会運営に関連し「新テロ対策特別措置法案を今国会で、08年度予算案を来年の(通常国会で)3月末までに成立させる。 北海道洞爺湖サミットもある。解散を考える暇はない」と述べ、早期の衆院解散・総選挙を否定した。自民、民主両党による 「大連立構想」に関しては「大連立という大仰な言葉だったから、大政翼賛会というあらぬ批判を受けた」と指摘。
これもこれで
変な指摘だよなー。

解散を考える暇ないって?

先に予算やって
ぱーっと解散させて
国民がテロ法案について
どう思ってるか
選挙で聞いてみてから
審議すれば?w

それが民主主義の
一つの形とちがうのー?

きっとテロ法案なんかどうでもよくてさ。
アレだよ。
年金とかC型肝炎とか
経済とか
そっちのほうにメインの関心があると思うんだけど・・・。

あと
「大連立という大仰な言葉だったから、大政翼賛会というあらぬ批判を受けた」
だけど。

はぁ?

何を仰ってますか?w

大仰な言葉じゃないの。
実際その構想は
実現すれば
今の政府が大政翼賛会そのものっぽい
構造になるからこそ
大政翼賛会って
言われたんだろ。

だいじょーぶかなぁ。

いろいろと。

まったくねぇ・・・。

言い換えれば済むって
思っている人多すぎよな。

言い換えても中身は一緒。

言葉で遊ぶくらいなら
もっと考える力
あんたらこそつけたほうがいーんでない?ww
posted by 星影里沙 at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
幅の件、承りました。

例えば具体的にあとどのくらい幅を狭くしたらいいですか。参考意見として教えてください。(すぐに対処するとはお約束できませんが、)

今まではクリックしてから拡大するタグを利用していたので大きさについてはあまり心配していませんでした。

どちらかと言うと表示上のサイズよりも、物理的なファイルサイズの方は気にはしていました。(^^;

それから、このポスター版バナーですが、ナベツネの顔に一部コマを入れ替えた修正版になっています。より説得力を持たせるようにバージョンアップしたと考えています。差し替えていただければ幸いです。

※福田のオランウータン版(150pxかける70px)バナーの面白さを逆に星影里沙さんに教えてもらいました。(実は自分ではそれほどよい出来とは考えていませんでした(汗))憧れの風は毎回見てます。これからもよろしくです。
Posted by SOBA at 2007年11月12日 07:08
えーと、読んでいただいて済みませんです^^;

大体多分150×70くらいと
88×31くらいを結構
ぽんぽん並べて貼るのが好きなんで
幅88〜90くらいかしら。
もちろん、急がないですよ^^;

ポスター版を使うのを躊躇する
はっきりとした理由が2個
まぁあやふやなところだと感覚的に
使いにくいっていういい加減なところもありますが

まぁ一つはクリック→拡大タグを知らないということなんで
これはずばりお尋ねすればよかったんですけれども。
もう一つが・・・私眼鏡使ってるんですけど
パソコンするときは目がちらついてしまうので
大抵外しているんですよ。
そうしたら、
ポスターの縮小版は字がつぶれて見えるところがありまして。

クリックしてみるよりも、
最初にぱっとみて「お?」と思うほうが
いいかなぁ・・・って思ったんです。

修正版の件は了解しました。
今日夜勤行く前か、
遅くても明日中にDLしなおします。

いつもありがとうございます。
あまり論理的でもなく拙いんですけど^^;
こちらも出来る限り読みに行っています。
よろしくお願いしますm(_ _"m)ペコリ
Posted by 星影里沙 at 2007年11月12日 08:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック