2007年09月12日

実は思った以上にボンボンだったwアホ丸出しの失言だろコレ。

ちょwww

この人の見方
決定的に変わるwww

<厚労相>残業代ゼロ法案を「家庭だんらん法案」に
「舛添要一厚生労働相は11日、同省が法案化を見送った、一部事務職の残業代をなくす「ホワイトカラー・エグゼンプション」について、 「家庭だんらん法案と書け、と(事務方に)言った」と述べ、同制度導入に向けた検討を続ける考えを示した。同相は 「残業代が出なかったら早く帰宅する動機付けになる」と強調し、「横文字を使うからマスコミに残業代ゼロ法案と書かれ、一発で終わり。 『パパ早く帰ろう法案』とか『バカな課長の下で仕事するのはやめよう法案』という名なら通る」などと語った。

 ネーミングの変更で国民に与えるイメージも変えてしまおう、との論法だが、 野党側はさっそく反発している。舛添氏の発言について子育て問題に詳しい民主党の蓮舫参院議員は 「カタカナ言葉を使う安倍首相が不評だからこんな言葉にしたのだろう。舛添さんは永田町言葉を使わないので斬新で親近感はわくが、 斬新さに見合う行動をとっているのか。名前と内容が本当に見合う法案を考えるべきだ」と述べ、批判した。」

えー

えー

バカにしてんの?

アベシに知能レベル
あわせちゃったんじゃないの?!

言い換えれば済むと

残業代が出なかったら
早く帰宅する動機付けになる?

こいつも外国人つーか異星人だな、多分。
いや、きっと。

日本人の性質分かってたら
こんなこと言うわけないだろっ。

パパ早く帰ろう法案?

バカな課長の下で仕事するのはやめよう法案?

ふざけとんのか
(-_-メ;)テメ・・・

パパ早く帰ろうったって
残業代ゼロにして
早く帰らせようとするより
もっとやることあるだろ。

そう、ひとつとしては
雇用ちゃんとさせて
人件費ケチさせなきゃ
結局のところ、
残業代減ってくるんじゃないの
違うの?

人が少ないから
みんな残業してでも
仕事片付けようとしてるんだよ?
日本人は基本的に生真面目で
途中でサボれない

何度言わせんだろ、全く。

バカな課長の下で仕事するのはやめようって?

それって中間管理職に対する
侮辱とちやう?

ある意味中間管理職が
1番しんどいのは
やってる人が1番
知ってるんじゃない?

やらない人には
わかんないよぉ。

面白半分に課長とか
こき下ろされてる小説とかマンガとか
あるけどさー。
このヒト絶対
課長=マンガにたがわないヒトが多いって
頭から思い込んでるよー。

絶対世の課長さんに失礼だー。

何にも考えないで
こんなことさらっと言う時点で
国民と対話、やる気あんのかって感じ。

ねぇ、いつぞやこき下ろしたこと
もっかい指摘しなきゃダメ?

http://yuirin25.seesaa.net/article/30934216.html

よーするにやっぱり
コイツはアベシと
少なくとも同程度の
ボンボン思考だったわけだ。

あほらしい。

恥かいて、総辞職がお似合いね。

一方のアベシは
なんか写真見る限り
ごっついやつれてますケド。

とりあえず新聞から2枚ドロボー。

目の下くまできて
ぐったりしてる感じ。

テロ特別措置法発言にしたって
自分が何言ってるか
きっと分かってなかったわけだw

とっととやめりゃー
寿命延びるかもしんないのにねぇ。

なんか見てると逝きそうだ。


そんでも
自分たちの生活かかってるから
容赦はしませんけどw
雑談日記様のサイトは
左サイドバーよりどぞ〜w

 

posted by 星影里沙 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(4) | 日雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

舛添厚労相、残業代ゼロ法案を「家族団らん法」への言い換え指示
Excerpt: 馬鹿馬鹿しくて、失笑してしまった報道である。 安倍内閣が人気を落とし始めた最初のきっかけの一つにもなった、「ホワイトカラー・エグザンプション法案」。マスコミでは「残業代ゼロ法案」と命名され、徹底的..
Weblog: 「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう
Tracked: 2007-09-12 06:14

私達の戦いは終わらない。
Excerpt: 安倍首相の突然の辞任で、安倍が目指してきた、「戦後レジームからの脱却」と言う名の、保守反動政治は終焉を迎えたといえるだろう。 安倍の暴走の結果、逆に改憲、軍拡、その他、「安倍的なもの」に対する、国..
Weblog: 「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう
Tracked: 2007-09-12 15:25

六回目の9・11 @ 不条理な支配の現実を直視しよう (1)
Excerpt:  今年もまた、9月11日がやってきました。  それは、私を含む多くの日本人にとって、大いに因縁のある日付でしょう。  ひとつは2001年。  あのアメリカでの同時多発テロ事件。  無差別テ..
Weblog: 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
Tracked: 2007-09-12 20:40

安部晋三代表質問から逃亡、辞意表明
Excerpt:  今日は一昨日の所信表明演説に対する代表質問が行われる予定であったが、安部晋三は
Weblog: アッテンボローの雑記帳
Tracked: 2007-09-13 01:01