2006年11月07日

ダヴィンチ・ストーン

今日やっと
ダヴィンチ・ストーンを
やり終えたわ。

ある日、
主人公リィオの元に
メディチという老人がやってきた
リィオの父ロッキオの
旅仲間だと語り
父を助けるべく、
アルテマストーンのかけらを
探す旅を
リィオに託す。

リィオは途中で
マリーン、クランドと出会って
いくつもの扉をくぐり
冒険を積み重ねていく

いやー。

これもなかなか
話の読めないRPGで
そういう意味じゃ面白かったな

扉の中は不思議のダンジョンのごとく
入るたびに道の違うダンジョンなのね。

この中で
ボスと戦い
未知の石と呼ばれる石を拾い
最後にアルテマストーンのかけらと
扉の鍵であるダヴィンチストーンを手にして
また戻ってきて、話を聞いて・・・
と、なるわけだけど。

未知の石ってのは
拾うと、
途中から登場する
未知の扉を開く鍵になる。

これが石の取り合わせで
ダンジョンの構造も出てくる敵も変わってしまう
不思議なダンジョンの入り口なのさ。

この未知の扉で
修行兼アイテム集め
納得行くものが集まれば
また次のダヴィンチストーンを使って
先へ・・・となる。

あと、防具の概念はないけど
武器の概念はあるのね。
で、武器は買うものでも
拾うものでもなく
集めた素材で作らなきゃダメで。

これがまた
難関w

落とさない奴はとことん落とさないもん。

未知の扉とダヴィンチの扉
両方使って
拾い集めないと。

ただコレクター魂満足させようとすると
ラスボスがしょうもないくらい
LV上がっちゃう(爆

私もそーだったとは(爆

敵にはそれぞれ
属性がついていて
マリーンの魔法や
クランドの属性切り技は
属性間違うと
相手回復しちゃったりするけど
正しければ大ダメージになる。

中盤戦の魔王は
あるタイミングで属性変えてきたけどな。

ラスボスの魔王について
ちょっとだけ。

あるタイミングで
魔法だけが効き
あるタイミングで
剣の技だけが効くようになったりするのね

あとはー

・・・がんばれw

posted by 星影里沙 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26941837

この記事へのトラックバック