2009年02月18日

世界の恥さらし、強がってる場合じゃないってば。


辞任しましたねー、
昨日。

ナカガワ(酒)とかつけられてるようですが。

朝は続投、
昼は予算案通過後辞任
夕は即時辞任

なんすかwww

まさに「朝令暮改」とか
「朝三暮四」とか言う言葉がぴーったり。

ちょい拾い集めた新聞をぺたぺた。

「現時点では飲む気になれない」中川氏辞任会見の要旨

 中川財務相は17日夜、辞任会見を行った。

 要旨は次の通り。 

 ▽(午後)6時過ぎに総理に辞表を提出して受理された。昼の(記者会見)時には何とか予算、関連法案を早急に通したい思いが強かったが、午後の予算委員会の様子、与党からご叱声(しっせい)もいただき、このままでは予算、関連法案を含めた一日も早い成立という希望がなかなか実現しにくい、困難な状況にあると判断した。

 ▽(国際会議で失態を演じたことについては)閣僚として、議員として、責任を全うするということ、これが重要であることは、あなた(記者)に言われるまでもなく感じている。ローマで(G7後の)記者会見の時にああいう状況になったこと、国民、政府、国会に大変ご迷惑をおかけしたことは、痛感している。

 ▽私自身のことで各方面に迷惑をかけていることは、日本にとってプラスではない。財政運営については、2次補正、財源問題、09年度予算を早急に上げることによって悪影響をできるだけカバーしなければならない。だからこそ私が降りる(辞任する)決断をした。

 ▽こういう形で(麻生内閣の)閣僚という立場から離れるのは私自身残念だが、違う形で麻生内閣を私なりに支えていきたい。

 ▽(13日のG7での)ワーキングディナー(夕食会)が終わった後、ジントニックを3杯か4杯飲んだと思う。G7会合は、私は日本の立場で積極的に発言し、会議の成功に貢献したと考えている。

 ▽土曜日(14日)の出来事は(飲酒とは)直接は関係ない。これだけははっきり申し上げ、何かあれば私もきちっと対応していかないといけない。現時点では、今の私の体調からすれば、とてもお酒を飲む気分にはなれない。

 ▽国会議員として、まだまだやることがあるので(議員辞職は)考えていない。

(2009年2月17日21時31分  読売新聞)



おつかれさんでした(棒読み)

なんか最近の政治家、
人の心理読むの下手糞なの
すごく増えてない?

甘い認識で乗り切れると思ってる人が
ひじょおに多すぎる。

しかも。

中川財務相:G7昼食会抜け出し、同行記者とワイン

 「薬の飲み過ぎ。酒の影響ではない」−−。ローマG7での「もうろう会見」で17日引責辞任した中川昭一財務・金融担当相は、最後まで原因はカゼや腰痛など薬の併用だったと強調した。しかし、G7閉幕後の内外記者会見の直前、同行の記者らと会食してワインを口にしていた事実も判明するなど、疑惑は深まるばかりだ。

 中川氏はG7出席のため13日昼、羽田発の特別便に搭乗。同行筋によると、機内のファーストクラスの席でカゼ薬などを多めに飲んだ上、酒も飲んだという。

 約13時間のフライトを経て同日夕(現地時間)にローマに到着。直後のガイトナー米財務長官との初の日米財務相会談やG7夕食会は無難にこなした。その後、中川氏は男性新聞記者など「親しいひとたち」(中川氏)とサンドイッチをつまみながら、ジントニック3〜4杯を飲んだ。その際、睡眠薬を服用したという。

 深酒のためなのか、睡眠薬のせいなのか。同行筋によると、翌14日午前8時15分からイタリア経済・財務省で始まったG7会合の際には、体調がひどく悪い様子だったという。

 G7昼食会でもワインが出たが、中川氏は「口はつけたが、ゴックンはしていない」と説明している。

 ただ、中川氏は午後1時50分まで予定されていた昼食会を1時ごろに途中退席し、宿泊先の高級ホテル「ウェスティン・エクチェルシオール」に戻った。

 予想外の行動に財務省同行筋は対応に追われたが、中川氏はホテルの1階のイタリアレストラン「ドニー」に移動、財務省の玉木林太郎国際局長や日本から取材で同行した女性記者、イタリア人通訳など数人で会食した。

 レストランの支配人によると、中川氏らは午後2時ごろから、ビッフェ形式のサラダとパスタとともに赤のグラスワインを注文。中川氏はここでの飲酒について「本当に口をつけた程度」と話す。

 中川氏は、女性記者らとの会食について「たまたまそこにいて、話を聞かれたから」と説明したが、中川氏は昨年9月の財務相就任以降、G7などの海外出張では同行の女性記者を集めて飲食を行うことが恒例化していた。今回のG7でも、中川氏と麻布高校の同期で、東大法学部の同窓でもある玉木局長が一部の女性記者を招いたという。

 「約30分ほど」(レストランの支配人)だった飲食後に中川氏は午後2時50分から約15分、同ホテル内でロシアのクドリン財務相と日露財務相会談に臨んだ。この際、麻生太郎首相を「麻生大臣」と言い間違えるなど、言動に不安定さもみられた。

 その後、部屋に戻り30分ほど財務省幹部らと打ち合わせをした。中川氏は「打ち合わせは仕事であり、酒を飲むことはない」としている。だが、午後3時45分からの内外記者会見の前にはすでにろれつが回らない状態だった。政府・与党からも「あんな状態の中川氏になぜ会見させたのか」と財務省の対応を疑問視する声も出ているが、「G7という世界が注目する会合であり、すでに会見の時間も設定されていた。欠席させればよかったというのは後知恵で、とうていできる状態ではなかった」(幹部)と財務省は説明している。

 毎日新聞の記者は、中川氏との会合には、いずれも出席しなかった。



夕食会、昼食会以外にも
お酒飲んでたんやねwww

睡眠薬まで飲んでたんやね

で、風邪薬も飲んだんやねwww

自業自得にもほどがある(▼凵・) ケッ!

風邪薬には眠くなる成分が入ってるので
睡眠薬とダブらせないのも常識

なんでわかんないかなぁ

まぁとりあえず
これで薬も酒も両方ってことで
あの言い訳も苦し紛れに聞こえてくる

中川財務相辞任:続投、一夜で一転 危機管理の甘さ露呈

 先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)終了後の記者会見でろれつが回らないなどの醜態を演じた中川昭一財務・金融担当相が辞任したのは、世論の厳しい批判を受け、政権の致命傷になりかねないと麻生太郎首相が判断した結果だ。ただ、首相は当初続投を指示し、それが一夜にして辞任と対応が迷走したことで、政権の危機管理能力の欠如は覆いようもなかった。重要閣僚でかつ盟友の退場は、低支持率にあえぐ麻生内閣に極めて大きな打撃となった。

 16日午後6時27分。野党から辞任要求の声が上がる中、中川氏は首相官邸を訪れた。「首相並びに日本に大変ご迷惑をおかけしました」。陳謝する中川氏に、首相は「体調に十分配慮して、体調管理をしっかりして職務に専念してもらいたい」と叱咤(しった)したが、同時に「脳梗塞(こうそく)じゃないのか。小渕(恵三)元首相の時と似ている。検査してもらえ」と盟友への気づかいも見せた。中川氏は助言に従い、同夜と17日午前、都内の病院で検査を行った。

 中川氏がG7に出席した際、飲酒していたことは官邸サイドもつかんでいた。政府高官は16日朝、「(マスコミも)一緒に飲んでいたそうじゃないか」などと語っていた。

 しかし、記者会見での醜態は飲酒だけが原因とみていなかった。中川氏は実際に体調を崩しており、「薬を多めに飲んでしまった」との説明で事態は乗り切れると踏んでいた。自民党関係者は「首相も盟友の不祥事ゆえに判断が甘くなり、収まると思ったのではないか」と推測する。

 官邸サイドにはまた、経済危機の中、野党側が中川氏追及を理由に予算審議を引き延ばせば、「野党側にも批判はいく」(政府高官)などとの読み違いもあった。中川氏も続投に意欲を見せ、検査で脳梗塞の懸念も払しょくされ、政治決断が必要との認識が薄いまま、時間が過ぎていった。

 ◇TVで自分を見てギョッとした

 事態が急転したのは、一夜明けた17日朝。「テレビに映っている自分の姿を見てギョッとした。辞めたい」。中川氏は首相サイドに辞意を伝えた。中川氏が記者会見直前にも報道数社の記者と飲んでいたことが判明し、「朝刊各紙の論調が予想を超え厳しいものだった」(政府関係者)ことで、官邸内にも危機感が広がった。首相周辺は「中川氏を入院させ、そのまま辞任させるべきだ」と首相に進言した。

 一方、辞意を固めた中川氏は首相と大島理森国対委員長に、09年度予算案と関連法案の衆院通過後に辞表を提出する意向を伝えた。「(通過までは)全力を尽くしてやれ」。首相と大島氏は、予算案の衆院通過後の辞任を了承したが、これも「認識の甘さ」をすぐに痛感させられることになる。

 体調不良で辞任するが、予算案の衆院通過後までは留任するというのはしょせん取り繕いの策。野党に加えて、自民・公明両党内からも「辞任するのならば、即刻辞任すべきだ」などの批判が噴出した。

 「体調が悪くて、あのような心配をかけるようなことを起こしたが、医師の指導に従ってギリギリの体力の中でやり遂げたいということ」。河村建夫官房長官は午後4時からの記者会見でこう説明したが、5時過ぎには、国会内で首相と対応を協議。一転して、「このまま問題を長期化させれば、内閣の致命傷になりかねない」との認識で一致した。河村氏は午後6時過ぎに電話をかけてきた中川氏に、「これから官邸の首相執務室に来てもらいたい」と、辞表提出を求めた。

 折しも、クリントン米国務長官の来日中に起きた辞任劇。首相官邸内からは「せっかく前に進もうという時に、そうさせないことばかり出てくる」(政府高官)とのぼやきも漏れた。【西田進一郎、坂口裕彦】



「テレビに映っている自分の姿を見てギョッとした。辞めたい」

おいーーーーwww

自分が何したか分からんかったくらい
へろんへろんだったんですかーwww

だめぢゃん!

しかも飲酒の事実
分かってたんですねぇぇぇ

それでも続投させようとした官邸に

ある意味拍手を送りたい(爆

とーぜん国民も
ほとんど激怒してるわけですが。
一番これが嫌よね

「異様な会見」写真付き=中川氏の物まねも−米メディア

 【ニューヨーク17日時事】中川昭一財務・金融相が辞任に追い込まれた17日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは1面中央に、問題となった先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)終了後の記者会見の写真を掲載するなど、「破格」の扱いで報じた。

 辞任に至った経緯については、東京電で淡々と報じたものの、インターネット上の同紙ホームページで会見の映像を公開。英語の字幕付きで中川氏のかみ合わない質疑応答や、ろれつの回らない様子が閲覧できるようになっている。

 経済専門チャンネルCNBCテレビも、同日朝(日本時間同日夜)のニュースで映像とともに報道。女性キャスターが、中川氏の会見の発言を物まねして他の出演者の笑いを誘うなど、散々な扱われ方だった。 (了)

(2009/02/18-11:38)



おまっ(-。−;)

大臣、完全に笑いのネタorz

しかも海外で
マネされまくりorz1

はずかしぃ

日本国民消えたい感じ(-。−;)

おおっぴらにされているだけに
なんか嫌TT

しかも財務省がいくら隠しても
こっちがおおっぴらだったら
もう一緒じゃん、隠しても(-。−;)

なんだかーTT

最後はこれで

「首相の任命責任ない」と与党  予算週内採決方針を確認

 自民、公明両党の幹事長、政調会長、国対委員長は18日午前の定期会合で、中川昭一前財務相の辞任をめぐる麻生太郎首相の任命責任はないとの認識で一致、2009年度予算案の週内の衆院通過を目指す方針を確認した。

 自民党の細田博之幹事長が「(首相の任命責任は)全くない。辞任はあくまでも体調不良によるもので、首相の責任を問うのは筋違いだ」と強調し、公明党側も理解を示した。

 公明党の漆原良夫国対委員長は会合後、記者団に「辞任がなくても(20日の衆院通過に)突っ込んでいこうという腹を決めていたが、辞任で障害が少なくなったという認識だ」と述べた。

 首相の任命責任に関して、公明党の太田昭宏代表は17日夜、記者団に「当然ある」と指摘している。



自公のおばかは寝ぼけてますか?

体調不良って今更言っても
百歩譲って薬だけにしても
飲み方間違うほどセルフコントロールできない人を
重要閣僚に起用するその眼力のなさは
シメられて当たりまえっしょ

ましてやこの人
酒癖の悪さ出てるんだし
今更何いってんのっておもうんですが。

予算これで通すのかなー
かなー
かなーwww

posted by 星影里沙 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 日雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114446041
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【自公とともに立ち腐れゆく日本】(1)SAY NO TO INHUMAN AND CRUEL JAPAN!
Excerpt: 2009.2.17.22:30ころ 世界中を失笑させた鳩山邦夫法務大臣(当時)の「友人の友人がアルカイダ」記者会見に続いて、今度は世界中を爆笑の渦中に放り込んでくれたのが、中川昭一財務相(当時)の泥酔..
Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
Tracked: 2009-02-18 13:50