2009年02月13日

私の足と、なんともピエロな発言と



えぇーと

昨日イタイイタイと騒いでいた
私の左ひざなんですけど

朝接骨院に行ってきまして
どうも、軽度の左ひざ靭帯損傷らしい。

ぐはorz

居室のレイアウトミスでこけたわけだから
労災よこせぃ><
畳の隙間踏んづけて
足取られてしりもちなんて
そうそうないぞ、そんなの。

早いうちに行ってよかったってぇことで
二日もすれば楽になるとは言われたが
今から夜勤。

離着床に変にかかわったら
ほんとにもっかい痛めるかもしれね。

先生に
「次ひざが内側に入った状態でたとえばこけるとかしたら、ひざぶちっていうよ」
って言われたもんな。
つまりは靭帯断裂><

そりゃいやだぁぁ

*****************

この手の話も
ぜんぜん書いてなかった
というか対応があほすぎて
私が言うより他の人が言った方が。。。てのが
なんとなくあったけどな。

小泉元首相:政権批判発言(要旨)

 ◇「戦おうとしてる人に首相が鉄砲撃ってる」/「首相の発言に信頼なければ選挙戦えない」

 12日に開かれた「郵政民営化を堅持し推進する集い」での小泉純一郎元首相の発言の要旨は次の通り。

 私は最近の(麻生太郎)首相の発言について、怒るというよりも笑っちゃうぐらい、もう、ただただあきれている。一昨日も、首相から「話がしたい」というんで電話で話したが、その時、たまたま小野次郎衆院議員の「総理、それはないでしょう!」と、世耕(弘成)参院議員の「それを言っちゃーおしめぇよ!」というブログを読んでいた。「首相にこういう意見は耳に入らないだろうから、官邸に小野さん、世耕さんの文章をファクスで送るから、よーく読んでおいてくれ」と言っときました。

 「だいたい、首相とか執行部の方針に批判的な意見を若手が出すと、執行部から『後ろから鉄砲を撃つな』と抑え込みがかかるが、最近の状況は、首相が前から『これから戦おう』としている人に鉄砲撃ってんじゃねえか。発言は気をつけてくれ」とよく言っておいた。

 まあ、私についても「常識の通じない男」「奇人変人」とか言っているようだけど、私は自分では常識をわきまえた普通の人だと思ってる。私もたまに非常識なことをするかもしれないが、だいたい常識的な「まあ、その線かな」というところに持っていくため、よく話し合うことが必要だ。

 「ねじれ国会」と言うが、決してそんなに悪いことじゃない。政策優先という国民の声が強いから、衆参の意見が違ったら、どういう政策なら国民が納得できるか、よく協議してもいいと思う。

 定額給付金についても、首相は「さもしい」「自分はもらわない」「いや、そんなことは言ってない」とかいろいろと言っているが、私は本当にこの法案が(衆院の)3分の2を使ってでも成立させねばならない法案だとは思っていないんです。私は引退表明して、あまり多くのことは言わないが、「あの時賛成したけども、実はそうじゃなかったんだ」と言いたくないから、給付金についてもっと参院の意見と調整して妥当な結論を出してほしいと思っている。

 選挙を目前にした大事な時期で、9月までに国民の信を問わなきゃならない。政治で力を得るには信頼だ。首相、首相の発言に信頼がなければ戦えない。信頼が大事なことを肝に銘じて、なんとか難局を切り抜けるよう、皆さんと共にいい知恵を出していきたい。



ひっさびさに出たかと思えば
彡(-_-;)彡ヒューヒュー

なんつぅかさぁ

この人が言ったんでなければ
うんうんとうなずけるところも
多少はあるんだが。

あの、変なごり押し論理
日本を破壊した負の遺産の多さ
ついでに自分のことを
いまだに普通人だと思ってるその感覚www

これで「俺は普通だ!」って叫ばれてもねぇ

しかもこの人
自分で自分の言ってる意味
わかってんのかしらん。

ついでにその重みも。

ただの引退した
世捨て人の発言じゃーないっしょ。

下手したら
中曽根サンとかより
力を持つこともあるぢゃないの
その言葉。

今これじゃあなwww

おまけにこの人のこの発言なぁ

コイズミが言ってるんでなければ!

後半はほぼ同意できるんですがー。

こいつがいうか、こいつがって
そうとしかみれない私の目は
すでにすっかり曇ってるとwww

まぁ多分至極当然と思い
かばいきれないほどぐちゃぐちゃになってると思うのが
実際かなー。

郵政民営化自体は反対のスタンスは変えてないし
民営化されたために不便な思いしてる人もいるし

派遣のことだって
コイズミの政策のおかげで生産されちゃったようなところもあるしさ。。。。。。

もうね
結論、こうするか。

内紛、するだけすれば><

ひっちゃかめっちゃかになって
国民が離反していくのを
その目でみてりゃあいい><

結局コイズミは
後継者を誰も育てなかった

その責任の重大さだけは
身にしみといたほうがいいんじゃーないのかな?www
まぁ「結局壊すだけ壊して何もしなかった」人の後継者なんか
作られるだけ迷惑だった気もするが。

少なくとも人を見る目は
まったくない
そこを棚に上げてお笑い種でもありwww

あぁ、やっぱり

言いたい奴はすきなよーに言ってろwww

参考までにリンク2箇所

この人の発言で取り上げられたブログ

世耕日記 2月8日 「それを言っちゃーお仕舞ぇよ!」

ジローのおしゃべりサロン 2月6日「総理、それはないでしょう!」
posted by 星影里沙 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「自己責任論」で割り切れるほど、世の中単純じゃないよ(近況報告に代えて)
Excerpt:  前回記事から、またもや4ヶ月ほど更新を停止させてしまいました。  とりあえずは、生きております(笑)ので、ここで読者の皆様にお知...
Weblog: 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
Tracked: 2009-02-16 11:57