2008年09月10日

どうも冴えない><介護愚痴とジミントーの懸念一杯

おはこんち。

二日続けて
昼までねてた。

寝すぎかなやっぱしwwwww

でもほんと
疲れ取れてなかったから
ある意味止めないでねwww

さてさて、今日は夜勤・・・

**********************

やっと総裁選以外の話題を
もってきましょ。

「老老介護」、半数近くに=07年国民生活基礎調査−厚労省 (時事通信)

 65歳以上の高齢者が高齢者を介護するいわゆる「老老介護」の割合が、 親族が同居して在宅介護を行っている世帯の推計47.6%に上ることが9日、厚生労働省の2007年国民生活基礎調査結果で分かった。介護する側が60歳以上のケースに広げると、 04年の前回調査の55.9%から59.1%に上昇した。同省は「在宅での介護の担い手の高齢化と、 世帯の小規模化が進んでいるのではないか」とみている。

 要介護者と同居している世帯で、主に介護している親族の年齢を調べた。 抽出調査を基にした全国推計では、65歳以上の高齢者のみか、もしくは高齢者と18歳未満の未婚者のみで構成する「高齢者世帯」が、 900万世帯を超え過去最高となった。一方、平均世帯人員は2.63人と過去最低だった。 

時事通信社

うちの本職ですがw

まぁ当然の帰結?

生活スタイルが
随分違ってきてますし
そりゃこれも上昇傾向でしょうな。

そうなると
介護共倒れ→知らない間に両方とも死去・・・て

介護殺人なんかの事例を除くと
十分ありえるパターンかと。

今現実問題
医者と同様
介護職も全然足りていないのであって
ケアマネも当然・・・ね。

これからいろんな
事件、事故が増えてくるでしょ。

それに対する手立ては
たぶん今の政府では打ちきることなど
できやしないって。

事実の隠れた怖さを
もうちょっと考えたほうが
いいんじゃないかなあ

*************************

でもやっぱり
総裁選に帰ってくるのね
結局は。

5候補が届け出=自民党総裁選 (時事通信)

記事写真
写真1
[拡大写真へ]
 5候補が届け出=自民党総裁選【時事通信社】

 

福田首相の退陣表明に伴う同党総裁選は10日午前告示、石原伸晃元政調会長、小池百合子元防衛相、麻生太郎幹事長、石破茂前防衛相、与謝野馨経済財政担当相の5氏が立候補を届け出た。質問に答える石原氏 (10日)


 

[ 2008年9月10日12時44分 ]

これねぇ。

とうとうこの5人で決まりか。

もうどなたも要りませんが、ハイ。

イシハラのどら息子が
何をしてくれるのよ。まったく。

「福田退陣」を分析する

妄言かと思いましたが
とりあえず挟み込み。

だって
この通りの分析だったら
たぶん国民の視線などそっちのけで
自分の都合だけで辞任してるやん。

おまけにこのあとヒッキーやってるし。

ばっかじゃね?(ーー;)
って思うのに
実は計算してました
それも自民党のためだけに

わかるかっつの。

上の世界だけでごちゃごちゃするんだったら
自民党だけでひとつの国つくればぁ。

私ら全然かんけーないことよ。

こっちのほうが
よっぽどいい。

小池総裁が誕生すると心配な 「あの再現」

ほんとにな。

もう一度国民が
コイズミを選んだりしないか
コイズミがバックについた
この「マダム・スシ」を選んだりしないか

同じことをやらかしたら
国民生活が良くなる道などありえない。

私らももっと
理性的に考えないとダメよって
思うわけで・・・。。。。。

特にこのおばはん
世渡り上手の曲者過ぎて
大嫌いなんだけどもな。

派手にどんぱちやる金あるなら
それで食べ物の値段下げてみろ←焼け石に水とは思うがw

****************************

どうも口も手も冴えてないのは
このごろの自分の悩み事のせいかしらん。

辞表を書いておこうか。もう。

介護の派遣
結構あるやん、とか思いながら。

では、とりあえず
目先は夜勤なので
出るとしようかね。

署名案内ありマス、
ぜひ全部に目をとおしてください

恒久法による自衛隊海外派遣の状態化反対署名

増田防衛事務次官への懲戒申立署名

アムネスティの 「チベット人の人権と権利の尊重を!」 ウェブアクション 2008.3〜期限不明

イランに関するバラク・ オバマへの公開書簡に署名を

8月末の期限記入分は終了。

ご協力御礼上がってますwどうぞ。

御協力御礼、 そして未来へ


フクダがやめたので
支持率調査もいったん終了ね。
何か決まればまたはじめましょ
posted by 星影里沙 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 日雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106340056

この記事へのトラックバック

MMRの悲劇!/「19世紀にカエル軍団」に社会民主主義で立ち向かワン!
Excerpt: 2008.9.10.20:00ころ 前回の記事で当初採用していたテンプレート。 サイドの文字が白色になる点は、変更できないそうです。 あっちの方が、引用文とかのメリハリがきいてて読みやすかったと思うの..
Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
Tracked: 2008-09-10 20:10